診療案内

むし歯治療

歯は、大きく削るとそれだけ弱ってしまいます。特に歯髄(歯の神経)を取り除いてしまった場合、「歯が本来持っている強さ」が損なわれます。
たとえ詰め物や被せ物で治療しても、残念ながら天然歯に勝る審美性・機能性・免疫力を備えた人工素材は未だ開発されていません。
吹田市・豊津にある当院では、細菌に侵されたところを含めた必要最小限な部分だけ削るようにしています。できるだけ削らない、できるだけ歯髄を残すむし歯治療で、患者様の歯とお口の「強さ」が永く保たれるよう努めております。

 

>>詳細はこちら

小児歯科

小児歯科で大切なのは、「むし歯に強いお口の土台づくり」です。乳歯と永久歯の健康を守りながら、歯とお口の健康に対する意識を育てていきます。
ご家庭での正しいブラッシング、生活習慣の改善には保護者様のご協力も不可欠です。歯科医院とご家庭、両方からのサポートで、お子様のお口の健康を維持・向上させます。

吹田市・豊津でお子様の治療ならお任せください。

 

>>詳細はこちら

予防歯科・歯周病治療

小児歯科で大切なのは、「むし歯に強いお口の土台づくり」です。乳歯と永久歯の健康を守りながら、歯とお口の健康に対する意識を育てていきます。
ご家庭での正しいブラッシング、生活習慣の改善には保護者様のご協力も不可欠です。歯科医院とご家庭、両方からのサポートで、お子様のお口の健康を維持・向上させます。

吹田市・豊津でお子様の治療ならお任せください。

 

>>詳細はこちら

審美歯科・ホワイトニング

むし歯を削った後や、事故などにより歯が欠けてしまったとき、金属やプラスチックではなく、主にセラミックという素材を用いた被せ物や詰め物を修復するのが「審美歯科」です。
セラミックは、白く透明感のある素材で、天然歯との見分けがつかないほどの美しさを誇ります。また、金属ほど硬くなく、周囲の歯を傷つけません。
保険適用外となりますが、当院ではセラミックを様々な形で活用した修復物を揃えておりますので、お気軽にご相談ください。それぞれのメリットとデメリットを、きちんと説明させていただきます。吹田市・豊津で審美歯科治療ならご相談ください。

 

>>詳細はこちら

入れ歯治療

保険適用の入れ歯は、「残存歯に負担がかかる」「金具が目立つ」というイメージを持たれがちです。
当院の保険適用の入れ歯は、金具の形状を工夫しております。一般的に残存歯を包み込む形の金具の代わりに、バークラスプと呼ばれる残存歯に歯ぐき側から接触させる金属を用いてお作りすることで、残存歯に無理な力が加わりにくく、口を開けたときにも目立ちにくくすることができます。 残存歯の健康を長持ちさせ、歯ぐきにも優しい保険適用の入れ歯なら、吹田市・豊津の当院にお任せください。

 

>>詳細はこちら

障がい者診療

吹田市・豊津の当院院長は日本障害者歯科学会に所属しており、卒後は歯学部附属病院でさまざまな障がいの方々を診療してまいりました。
現在も障がい者の方々への診療を続けており、就学前のお子様から成人された方まで、安全と安心を確保しながら、時間をかけて治療に取り組んでおります。
できる限りのご対応をさせていただきますが、より高度な設備や技術、人員が必要な場合には、大阪大学歯学部附属病院、市立吹田市民病院をご紹介いたします。お気軽にご相談ください。

 

>>詳細はこちら