障がい者診療

お子様から成人された方まで
安全に、時間をかけて治療します

知的障がい、精神障がい、身体障がいをお持ちの方、そのご家族様へ

吹田市・豊津の当院院長は日本障害者歯科学会に所属しており、卒後は歯学部附属病院でさまざまな障がいの方々を診療してまいりました。
現在も障がい者の方々への診療を続けており、就学前のお子様から成人された方まで、安全と安心を確保しながら、時間をかけて治療に取り組んでおります。
できる限りのご対応をさせていただきますが、より高度な設備や技術、人員が必要な場合には、大阪大学歯学部附属病院、市立吹田市民病院をご紹介いたします。お気軽にご相談ください。

「安全・安心の治療」のために。当院の取り組み

当院の障がい者診療では、いきなり歯を削ったりすることはありません。
まずはお話すること、私たちを知っていただくこと、患者様を知ることから始めます。器具をお口に入れるだけのトレーニングを行い、簡単な処置から徐々に慣れていただきます。十分に安全と安心が確保できたと判断してから、治療へと進みます。
※緊急を要する場合、どうしてもじっとできない場合には、タオルケットでお身体をお包みし、安全を確保して治療を行います。

障がい者診療における予防歯科の大切さ

障がい者診療では、治療の必要性を理解していただくのが困難なケースがあります。
大きなむし歯になりますと、治療に伴う痛みやストレスもまた大きくなり、嫌な記憶として刻まれてしまいます。次回以降の診療が、より困難なものへとなりかねません。
そういった悪循環に陥らないためには、定期的に検診を受け、早期発見・早期治療に努めることが大切です。簡単な予防処置や治療で済めば、次回以降の診療も比較的受け入れてもらいやすくなります。
身体と心の健康のためにも、普段から予防歯科に取り組み、定期的に歯科医院を受診しましょう。

歯のことであれば、是非お気軽に吹田市・豊津の当院までご相談ください。

高血圧症や脳梗塞等の疾患を抱えていらっしゃる方へ

高血圧や脳梗塞などにより歯科治療にご不安がある方に対しては、かかりつけ医へ問い合わせをしたり、十分にカウンセリングを行ったりした上で、血圧や心拍数、呼吸の状態を確認し、安全を確保しながら診療を行っております。
その他、体調が優れないという方は、予めお申し出ください。