入れ歯治療

お口に優しく、快適に、目立たない入れ歯づくり

残存歯の負担軽減への取り組み(保険適用の入れ歯)

保険適用の入れ歯は、「残存歯に負担がかかる」「金具が目立つ」というイメージを持たれがちです。
当院の保険適用の入れ歯は、金具の形状を工夫しております。一般的に残存歯を包み込む形の金具の代わりに、バークラスプと呼ばれる残存歯に歯ぐき側から接触させる金属を用いてお作りすることで、残存歯に無理な力が加わりにくく、口を開けたときにも目立ちにくくすることができます。 残存歯の健康を長持ちさせ、歯ぐきにも優しい保険適用の入れ歯なら、吹田市・豊津の当院にお任せください。

入れ歯メニュー

レジン床入れ歯

床部分をレジン(歯科用プラスチック)でお作りする入れ歯です。
保険適用外の入れ歯と比べると異物感があるといわれていますが、長く快適に使用されている方も多くいらっしゃいます。
当院では、残存歯への負担を軽減した、金具の目立ちにくい保険適用の入れ歯をお作りしております。

金属床入れ歯

床部分を金属でお作りする入れ歯です。
素材の特性により薄く作ることができますので、違和感の少ない入れ歯といえます。
また、熱をしっかりと伝えますので、食べ物のあたたかさ、冷たさをしっかりと感じながらお食事ができることで、以前のように美味しく感じると満足いただいております。

マグネットアタッチメント入れ歯

磁力により強固に固定される入れ歯です。
しっかりと、強く噛むことができ、ズレることもありません。また、磁力での固定のため外れにくく、金具が見えることもないので審美性も優れています。

ノンクラスプデンチャー

金具を一切使わずにお作りする入れ歯です。軽く柔らかい素材でできておりますので、違和感が少なくて済みます。
使用していることが周囲に気づかれにくく、見た目にも優れています。
ただし、素材の特性上、耐久性でやや劣ります。

ブリッジの前に入れ歯を試すメリット

ブリッジは入れ歯と比べると、「強く噛める」「違和感が少ない」といった優位性があるといわれています。反面、両隣の歯を、たとえ健康であっても削る必要が生じる治療法でもあります。
「強く噛める」「違和感が少ない」という基準は、やはり患者様によって異なります。まずは入れ歯を試していただいて、どうしても適合しなければ両隣の歯を削ってブリッジへと移行する、という選択肢もあります。
もちろん、当院では特定の治療を無理にお勧めすることはありません。患者様にとっての、各選択肢のメリット・デメリットをご納得いただけるまで説明し、最終的には患者様ご自身に選んでいただきます。
吹田市・豊津付近でブリッジにしようか、入れ歯にしようかお悩みの方は、お気軽にご相談ください。

インプラント治療について

症例によってはインプラントをした方が良いケースもあると思います。吹田市・豊津の当院ではインプラント治療には対応しておりませんが、ご希望の場合は近隣の連携医療機関をご紹介させていただいております。