かとう歯科医院BLOG

2015.12.04更新

昨日は午後から吹田市立保健センター(出口町)にて3歳児歯科健診があり、出務してきました。

前日夕方からの雨も午前中には上がり、午後からは薄日も差す天気で、70人をお呼びしていて60数名の受診があったそうで、H先生と私の2名で健診に当たりました。

私が吹田市歯科医師会に入会した20数年前の頃は、3歳児(健診時の年齢は実際は3歳6か月)でむし歯のあるお子さんは減ってきていたとは云え、それなりにいらっしゃいましたが、最近は本当に減ってきて、昨日私が診た30名程度のお子さんの中でむし歯があったのは2名でした。

平成26年度の3歳児歯科健診での齲蝕罹患者率(むし歯のある人の割合)は4.8%でしたから、およそ20人に1人の割合ということになります。

健診時のアンケートを見ても、3歳6か月時にすでに歯科医院で定期検診を受けているお子さんも多数いらっしゃるようです。

1歳6か月児や2歳6か月児の歯科健診に比べて、3歳児になると泣かずにちゃんと口を開けてくれるお子さんが大半で、健診後にバイバイと手を振ってくれる子もいて、楽しく健診を終えることができました。

また、来年5月に開催予定の「よい歯のコンクール」の対象となる母子(父子のこともある)ともに歯の状態がよい親子も数組参加申し込みをしていただきましたので、案内状が届きましたら是非参加していただきたく思います。

投稿者: かとう歯科医院